院長ご挨拶

院長 氏家康敞

当医院は昭和45年6月4日、むし歯予防デーの日に初代である父と当地に開業し、40年の永きを迎えております。その間、患者さんと共にお口の健康維持・管理・予防そして治療に専念して参りました。

思い返してみれば30年ほど前に、父が当院を私に引き継いだ時の父の年齢に自分がなり、その当時の自分と3代目長男・博が同じような年齢になってきました。初代から2代目そして3代目へとの橋渡しは、日々を黙々と過ごしている間に、45年間という歳月をかけてされてきました。

西鎌倉小学校の開校以来、校医を35年間勤めて参りましたが、平成25年3月をもちまして退任致しました。その後は3代目・博が校医を勤めさせて頂いております。35年間という永き年月を無事に勤められ、また後任者への引き継ぎを見守ることが出来、ホッとしております。

15年ほど前に昨今の高齢者社会を見据え、診療室を改築致しました。車椅子での来院にも対応できるように、エレベーターを設置致しました。また、多種の空気浄化装置を取り付けました。患者さんに安全かつ、気持よく診療を受けて頂けるように、またスタッフが健康で元気に勤務できるよう様に室内環境をととのえました。また地域のかかりつけ歯科医院として、皆さまと末永く一生のお付き合いをして頂けるようにと願っております。

歯科診療を好む方はごく稀でありますので、患者さんお一人お一人が大変な決心をなさって来院されているものと思います。当院では、その様な患者さんに「思い切って来院してよかった」と笑顔で帰って頂けるよう、ドクターはもとよりスタッフ一同心がけております。